スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[匠の文字とデザイン]にフォーエバー・ツリー・ネットワークの広告が掲載されました!

デザイナーの川上さんの作品です☆ご協力ありがとうございます!樹木たちの訴えが良く伝わります!

image1.jpeg
image2.jpeg

イブキ育苗日記 その5

福島への里帰りに向けた苗づくり、
今年の春に新たに親木からとってきた穂木でも育苗を始めています。

8月29日、

今回は、3月からイブキをお預けしている方のところへ伺ってきました。

場所は埼玉県さいたま市、シクラメンを専門につくられている
『笠原園芸』さんです。

00笠原園芸


広~~~い温室の片隅で、挿し木された子イブキたちは静か~に待ってました。

どうかな?
元気に育ってるかな??

・・・

01-1パーライト 苗床:パーライト

01-2赤土ピートモス 苗床:赤土+ピートモス

・・・

う~~~~ん・・・
枯れ葉が目立っていまいち元気がない。

やっぱり親木であるビッグママイブキが老齢すぎて穂木とりには向かないのかな・・
なんてったって樹齢150年ですから・・


笠原さんによれば、取り木してグンと出させたシュート(徒長枝)のように、栄養生長が旺盛な枝を育てて挿し穂にすれば発根率はぐんと上がるとのこと。
次のチャレンジはこれですね。

何よりまずはビッグママの樹勢を上げてあげないと。




いやデモ!埼玉の子イブキたちの中には何やら元気そうな葉先も!

02葉

いくつか引っこ抜いて見てみると・・

03発根

おお!ちゃんと発根してる!!
根も枯れてない!

でも・・この元気な兄弟はたったの6本だけ。


残念ながらほかの挿し穂からの発根は見られず、代わりにこんなことになってました。

04カルス

一見なにかの病気のようですが、これは「カルス」とよばれるもので、「根」でも「茎」でもない、植物組織に分化していない癒傷組織。

挿し穂が分泌する成長ホルモン、オーキシンの作用で形成されます。
残念ながら温度か湿度か、発根の条件には何かが足りなかったようです。

カルスの形成は挿し穂の切断面の保護には有効ですが、ここまでぶくぶくしてしまうと発根を阻害してしまいます。


と、いうことで
このカルスを切り落として新しい形成層を出させて、あらためて挿し直すことに。

05カルス切り落とし

切り落としすぎるとせっかく切断面につくられたオーキシンをムダにしてしまうため、微妙~なさじ加減。
とはいえ斜めに切ってみたり、ちょっと皮を剥いてみたり、何がうまくいくか分からないので色々試してみました。

06カルス断面 カルスの切断面

そして切った挿し穂は魔法の水にポン。

07水あげ


この、挿し穂をいったん水につける工程、ただの水あげのためだと思ってたら違うんですね。

挿し穂を切断すると、切り口の細胞がつぶれたり破壊されたりしますが、そのときに分泌されるポリフェノール物質は、発根を阻害してしまうもの。なので水溶性の性質をいかして水で洗い流すんだそうです。

そして今回はさらにオキシドール入り。
消毒しながら酸素が供給できる、魔法の水というわけです。




そして切り戻した挿し穂をまた土に挿していきます。

今回の土は、メトロミックスという播種用土に通気透水性確保のためのホワイトロームを1:1で配合したもの。
切り口には発根促進剤殺菌剤をブレンドした粉末をつけながら、培養土に挿していきます。

培養土もこの粉末も、
笠原さんオリジナルブレンド。

メモメモしながらたくさん勉強させてもらいました。



                 魔法の粉をつけて
08IBA
                     ↓
                  培養土に挿す
09挿し木
                     ↓
                    くり返し
10パレット2
                    完成!



そんなこんなで2パレット分の作業を終える頃には日が沈み、潅水して完了となりました。


11潅水





3月からここまで、根を出さずとも枯れずに残ったイブキの挿し穂たち、
耐性ができているのでここから発根することも珍しくないそうです。

何本が里帰りできる苗に生長してくれるかな~~




ちなみに
今回根を出していた子イブキ6本は、それぞれポットにあげてお持ち帰りです。

12おそまつ

みずほ理事長命名、「おそ松くんブラザーズ」(笑)(笑)



頑張れ!ビッグママのこどもたち!!


(佐藤 舞)



イブキ育苗日記 その4 

2014.3.11

東日本大震災からあっという間の3年。

3月11日には、また福島県いわき市を訪問してきました。

1イブキ

約3か月ぶりに会うビッグママイブキです。
3月に入ってからの強風でいくらか枝葉を落としたようですが、全体的には現状維持、といったところでした。

でも、1年前の同時期に比べるとやや葉の色が悪いような・・
実も少ないように感じました。

子イブキたちも頑張っているけど、
やっぱりビッグママイブキも元気にしてあげたいです。



一番の原因は、やっぱりの問題かな。

イブキの所有者ご夫妻は、この場所で「息吹樹」という喫茶店を経営されています。
ビッグママイブキのまわりは喫茶店の駐車場になっていて、舗装されています。

都会の街路樹もそうだけど、枝張よりもずっと大きく張った根の上を舗装されてしまうのは、木にとってはつらいことなんです。
根っこは土壌中の水や養分を吸い上げるのが大きな役割ですが、呼吸もしています。
だから水も酸素も必要なんです。

ところが根のまわりをぎゅっと締め固められてしまうと、空気の気相が少なくなって窒息状態になってしまうのです。

でも喫茶店の大事な駐車場をなくしてしまうわけにはいかないので、コア抜きでブレスパイプでも入れるのが有効でしょうか。

イブキは海浜地に強い、とは言っても過酷な環境で耐えていることには変わりませんからね。
何とかして助けてあげたいものです・・




・・・と、
そんなことを思いながらこの日も子イブキづくりのための枝を採取。

下から見上げると、本当に大きい樹だな~と思います。

2イブキ



ビッグママの大枝切断痕の腐朽部からは
赤ちゃんイブキも顔を出してました。

5切断面から


このまま大きくなるのか楽しみだな。






さて、採取した枝葉を車に詰めて
福島から一路埼玉へ!!


今回は、
この採取した枝葉をそのまま埼玉県の笠原園芸さんの温室に届けます。
新たに子イブキづくりにご協力いただける方で、シクラメンの生産者さんです。

3笠原園芸 色とりどり!


笠原園芸のご主人、笠原勇さんにとってきたばかりのイブキの枝葉を見せると、母樹自体に元気がないから枝葉にも勢いがない、挿し木でちゃんと発根するかどうか・・とのこと。

でも、ダメもとでも何とかお願いします!!とお預けさせてもらいました。
カイヅカを台木に接ぎ木で徒長枝をとるか、根接ぎを試すのも有効かな・・と、
色々試してくださるそうです。

半分はお持ち帰りですが
生産者さんはプロですから、心強いです!!
よろしくお願いします!




 ○ ○ ○ ○ ○


ところで、今回のいわき訪問でも立ち寄りしたいわき・ら・ら・ミュウでは、こんな展示をやっていました。

4ららミュウ

「忘れたいこと 忘れられないこと 忘れてはいけないこと」



涙が出てしまいます。

震災からまる3年目、2014年3月11日の波立海岸はちょっと肌寒かったけれど、
とてもおだやかな日で、私は海を見ながらひっそりと黙祷を捧げてきました。


(佐藤 舞)


イブキ育苗日記 その3 いわき市訪問編

続きを読む »

10/25 開催決定!市川八幡神社のご神木クスノキ、剪定・土壌貫注作業イベント☆

市川八幡神社、ご神木クスノキの樹勢回復イベントの日程が決まりました!
10月25日(土)に枯れ枝剪定と、土壌中に液材を入れる作業を行います。


今年の3月、土壌中に固材であるブレスパイプ管の設置、6月に液材貫注による樹勢回復の治療を行いました。
クスノキは8月末現在、新葉を出し、本来のクスノキの樹冠に近づきつつあります。
IMGP4017.jpg

そこで今回の作業では、クスノキの全体にある、枯れ枝を中心に樹形を整える剪定を行います。

午後からは今年2回目である、土壌中に液材を入れる作業を同時に行います。
今回使用する液材は、‘株式会社 花ごころ’ さんより寄付して下さいました資材を使用させていただきます。
http://hanagokoro.co.jp/about/


イベント当日のスケジュールは以下のようになります。
 
10:00 市川八幡神社 集合
10:00~12:00 剪定
12:00~13:00 お昼
13:00~15:00 剪定
15:00~16:00 液材貫注


用意するもの
・お弁当
・作業しやすい服装


注意事項
・小雨決行 
・お車でお越しの方:神社にPはないため、近くのコインパーキングを利用してください。


皆さまのご参加を、心よりお待ちしています!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。