スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イブキ育苗日記 その5

福島への里帰りに向けた苗づくり、
今年の春に新たに親木からとってきた穂木でも育苗を始めています。

8月29日、

今回は、3月からイブキをお預けしている方のところへ伺ってきました。

場所は埼玉県さいたま市、シクラメンを専門につくられている
『笠原園芸』さんです。

00笠原園芸


広~~~い温室の片隅で、挿し木された子イブキたちは静か~に待ってました。

どうかな?
元気に育ってるかな??

・・・

01-1パーライト 苗床:パーライト

01-2赤土ピートモス 苗床:赤土+ピートモス

・・・

う~~~~ん・・・
枯れ葉が目立っていまいち元気がない。

やっぱり親木であるビッグママイブキが老齢すぎて穂木とりには向かないのかな・・
なんてったって樹齢150年ですから・・


笠原さんによれば、取り木してグンと出させたシュート(徒長枝)のように、栄養生長が旺盛な枝を育てて挿し穂にすれば発根率はぐんと上がるとのこと。
次のチャレンジはこれですね。

何よりまずはビッグママの樹勢を上げてあげないと。




いやデモ!埼玉の子イブキたちの中には何やら元気そうな葉先も!

02葉

いくつか引っこ抜いて見てみると・・

03発根

おお!ちゃんと発根してる!!
根も枯れてない!

でも・・この元気な兄弟はたったの6本だけ。


残念ながらほかの挿し穂からの発根は見られず、代わりにこんなことになってました。

04カルス

一見なにかの病気のようですが、これは「カルス」とよばれるもので、「根」でも「茎」でもない、植物組織に分化していない癒傷組織。

挿し穂が分泌する成長ホルモン、オーキシンの作用で形成されます。
残念ながら温度か湿度か、発根の条件には何かが足りなかったようです。

カルスの形成は挿し穂の切断面の保護には有効ですが、ここまでぶくぶくしてしまうと発根を阻害してしまいます。


と、いうことで
このカルスを切り落として新しい形成層を出させて、あらためて挿し直すことに。

05カルス切り落とし

切り落としすぎるとせっかく切断面につくられたオーキシンをムダにしてしまうため、微妙~なさじ加減。
とはいえ斜めに切ってみたり、ちょっと皮を剥いてみたり、何がうまくいくか分からないので色々試してみました。

06カルス断面 カルスの切断面

そして切った挿し穂は魔法の水にポン。

07水あげ


この、挿し穂をいったん水につける工程、ただの水あげのためだと思ってたら違うんですね。

挿し穂を切断すると、切り口の細胞がつぶれたり破壊されたりしますが、そのときに分泌されるポリフェノール物質は、発根を阻害してしまうもの。なので水溶性の性質をいかして水で洗い流すんだそうです。

そして今回はさらにオキシドール入り。
消毒しながら酸素が供給できる、魔法の水というわけです。




そして切り戻した挿し穂をまた土に挿していきます。

今回の土は、メトロミックスという播種用土に通気透水性確保のためのホワイトロームを1:1で配合したもの。
切り口には発根促進剤殺菌剤をブレンドした粉末をつけながら、培養土に挿していきます。

培養土もこの粉末も、
笠原さんオリジナルブレンド。

メモメモしながらたくさん勉強させてもらいました。



                 魔法の粉をつけて
08IBA
                     ↓
                  培養土に挿す
09挿し木
                     ↓
                    くり返し
10パレット2
                    完成!



そんなこんなで2パレット分の作業を終える頃には日が沈み、潅水して完了となりました。


11潅水





3月からここまで、根を出さずとも枯れずに残ったイブキの挿し穂たち、
耐性ができているのでここから発根することも珍しくないそうです。

何本が里帰りできる苗に生長してくれるかな~~




ちなみに
今回根を出していた子イブキ6本は、それぞれポットにあげてお持ち帰りです。

12おそまつ

みずほ理事長命名、「おそ松くんブラザーズ」(笑)(笑)



頑張れ!ビッグママのこどもたち!!


(佐藤 舞)



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。