スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市川八幡神社のクスノキ公開診断☆ 第1回 土壌調査編 7月15日 穴堀り隊募集!

こんにちは。
FTNの新人樹木医、柳澤ユーサです。

今回、私の地元でもある、市川八幡神社の御神木、クスノキの診断・治療を担当させて頂いています。

この御神木は、神社が創設された昭和初期以前からこの地に立地し、人々からとても馴染みある存在です。

IMGP3222 縮小


毎年、活き活きと茂りを見せていましたが、昨年から枯れ枝が目立ち、今年の3月、神社から御神木の診断を依頼され、外観から診断を行いました。


その結果、梢や枝先の枯損はかなり多く、樹皮に活力もない事などから、自然樹形の崩壊が進み、早急に処置が必要であることが明らかとなりました。


枯れ枝

樹皮に着生植物


御神木、衰退原因の一つとして、土壌環境が考えられます。

根元は歩道や参道で固められており、根が十分に張り出すことができない環境にあるためです。

根元

よって今回は、
*クスノキの根がどのように張り出しているか?
*土壌の質は?
*根の呼吸となる、水はけの確認
等の土壌調査を行います。

そこで!
穴掘り隊を募集しております。
御神木の回復にご協力してくださる方、
普段あまり見る機会の少ない、土壌調査にご興味がある方、この機会にぜひお越しください。

日時:7月15日
場所:市川八幡神社(千葉県市川市市川1-19-1)
内容:土壌の掘削調査

皆さまのお越しを、心よりお待ちしております。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。