スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樹木医と歩く 多摩森林科学園 サクラ観察会 参加者募集

多摩森林科学園
4月22日(日) 10:00~15:00

JR高尾駅北口集合
参加費のほかに、入園料:400(子供150)かかります。
★お弁当持参ください。園内で桜を見ながらお弁当の予定です。

森林総合研究所の『サクラ保存林』を散策します。
全国各地の著名な桜が1500本ほど保存され、2月下旬から
5月上旬まで次々と咲き続きます。この時期は『サトザクラ』。
山桜、里桜など親しみある呼び方をされているサクラの中で、
『サトザクラ』が見ごろの時期です。またモリアオガエルが毎年産卵
する池もあり、このころから産卵時期。立ち会えるかもしれません。
オオタカ、カワセミなどにも会えそうです。

DSC_0041.jpg



【テーマ1】
樹木の中でも病害、虫害の多い桜。三大桜の『三春滝桜』ベニシダレ/樹齢1,000年(福島県)『山高神代桜』エドヒガン/樹齢2,000年(山梨県)『根尾谷淡墨桜』エドヒガン/樹齢1,500年(岐阜県)などは有名ですが、保護管理はとても大変な作業です。今回一つ目のテーマはサクラの保護をする立場からの観察です。

【テーマ2】
東日本大震災で多くの樹木と共に、桜も大変な被害を受けました。この被害に対して、現在いくつかの植樹プロジェクトが実行されています。被災地からの希望もあり、桜を植樹し、桜を通して復興をはかり被災地の方々との絆を深めるプロジェクトです。当NPOでもこの支援の輪に加わり被災地の将来へ向け植樹を推進していきたいと考えています。故郷に対する樹木の役割を考えてみましょう。

多摩森林科学園では、東北6県の桜の名所を『東北・夢の桜街道~桜の札所・八十八ヵ所』として選定し、多くの方に「東北への桜旅」をPRして東北に足を運んでいただく観光振興による地域づくり運動を提唱しています。 ぜひ東北復興・再生への願いを携えて「八十八ヵ所の桜の札所」を巡ってみてください。



★お申し込みこちら 岡山・福井   →  info@forever-tree.org
参加費:1,500円(会員:1,000円) 入園料は別途かかります。集合前にお支払いください
         4月 大人400円 子供150円
★その他の情報はHPをご覧ください。→  http://www.forever-tree.org/


tamasinnrinn.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。