スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪ 樹木医と歩く 都会の緑と御神木に出会う旅 ≫ 雑司が谷

雑司が谷霊園と鬼子母神参拝の旅 
(雑司が谷~鬼子母神編)


秋の観察会が始まります。好評頂いています観察会、今回は雑司が谷周辺です。
今も都電が走る歴史ある街。古木の多い霊園内は著名人の墓標も見つかり、歴史を感じさせられます。
そして、鬼子母神。ケヤキ並木や天然記念物指定の大銀杏があり一度は訪れてみたいところです。
小春日和の空の下、植物散策してみませんか。季節を感じる草花もたくさん見つかるコースです。
どなたでもお気軽にご参加ください。歓迎です!★事前にお申し込みください。
平成23年10月23日(日)12:45 雑司が谷3丁目大鳥神社 鳥居前集合 
予定 13:00~ 16:00頃
★お申し込みは こちら 岡山 福井 
info@forever-tree.org
参加費:1,000円 


◇雑司が谷霊園に眠る著名人
ジョン万次郎、小泉八雲、夏目漱石、竹久夢二、泉鏡花、東條英機、永井荷風、サトウハチロー、東郷青児、大川橋蔵など。
漱石の小説『こゝろ』の舞台でもある。
◇鬼子母神の由来
鬼子母神はインドで訶梨帝母(カリテイモ)とよばれた夜叉神の娘。
多くの子供を産みましたが、性質は暴虐で、他人の幼児を食べるため恐れ憎まれていました。
そこで、お釈迦様は末の子を隠し、嘆き悲しむ帝母に
「千人のうちの一子を失うもかくの如し。いわんや人の一子を食らうとき、その父母の嘆きやいかん」と戒めました。
帝母は過ちを悟り、お釈迦様に帰依して安産・子育の神となった。といわれています。


雑司が谷霊園と鬼子母神参拝の旅 2011.10._01
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。