スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津波に耐えたマツ林とイブキ 被災地調査後編

福島の海岸線は、国営の防潮林が縁取っています。

そこで南下しながらその状況を確認し、単木の樹木の被害の有無も知りたいと思いました。

地図には津波が広がった箇所が記されていました。衛星写真で確認し記録したものだそうです。
http://danso.env.nagoya-u.ac.jp/20110311/

岩手の陸前高田市では壊滅的な被害で何千本もあった松がたった1本残ったニュースは皆さんよくご存知だと思います。
あそこのマツはすでに多くの専門家が入り込んでいて、えらい先生方が何人も船頭をしているそうで、私たちが出る幕は無いんです。
地表を波で洗われ、根が傷み、かなり危ない状況だと聞いています。
もし、根が露出していなければ、復活する力は残されています。

福島の海岸林は、岩手ほどの衝撃ではなかっため、塩害で真っ赤になりながらも陸地を守る機能を果たしていました。
瓦礫を食い止めている様子がわかります。
P1100563.jpg


家屋の破壊については、明暗がくっきり現われていて、住宅は林の裏手に立てたほうがいいことが一目瞭然でした。
ある地域ではわざわざ防潮林だったところを宅地に変えてしまったそうで、跡形も無く、基礎だけが残っている場所もありました。
P1100594.jpg

P1100591.jpg


塩害とは、塩の分子が根を傷め通水障害を起させたり、直接葉を痛めることです。組織が破壊され、正常な生育ができなくなっていします。

P1100555.jpg

P1100562.jpg

P1100559.jpg



スギに関しては完全に塩に弱いです。真っ赤な雑木林に驚きました。
この雑木林の裏手、南横手地区で農業法人を営んでいる女性に話を聞くと、田んぼも畑もすっかり波に覆われて、高さ40センチほどの冠水があったそうです。

P1100578.jpg


無農薬栽培の許可をとった直後の出来事で、とてもショックだったとのこと。
塩を抜くために田んぼに水を張って処置しますが、大変な作業です。本当にお見舞い申し上げます。
しかし、雑木林がかなりの津波を減衰したとのことです。そのおかげでよそほどはなかったとのこと。やはり植林は重要ですね。


そして下層植生がしっかりしているところは比較的被害が少なかったですね。
ハマヒサカキ、トベラ、シャリンバイ。これらの下草との組み合わせが効果があるようです。さらにイブキを組み合わせれば完璧じゃないでしょうか?

P1100551.jpg


意外だったのは、タブが全くダメだったと言うこと。確か海岸に適した植物なんですが、実はそうでもなさそうです。葉が全部枯れていました。

P1100568.jpg


さらに意外だったのはヤマザクラです。ぴんぴんしています。
といっても津波が起きたのは3月なので、ある意味不幸中の幸い。
葉が出ている樹木の活動期だったらアウトだったでしょう。

そして、われわれはこのソメイヨシノは大丈夫だったのか確認しました。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110409/trd11040917170005-n1.htm


津波を被った旧小名浜測候所のソメイヨシノです。今は税関の敷地になっていて、
近くに寄らせてもらえませんでした。

P1100607.jpg


少しはなれたところから見た限りでは、全く問題なさそうです。
ここも地表面が雑草で覆われていたのが功を奏したのでは無いでしょうか。

植栽と言うのは、組み合わせが大きな差を生むと言う大切なことを改めて学びました。
このサクラも咲き続けて、被災地の希望として、語り部として元気に生き続けて欲しいですね。

マツ防潮林の効果は改めて重要だと今回の震災で再認識されているそうです。

しかし、ダメージを受けた跡に虫や病気が入る恐れが十分にあります。弱ればマツノザイセンチュウの格好の餌食です。これから夏を向かえ、どの程度持ちこたえるのか十分な観察が必要です。

そして問題なのは、最近ではマツの人気がなく、苗木が不足しているとのこと。
コレは大変です。なので、他の樹木との組み合わせを併用していくことでしょう。

マツもちょっとかわいそうですね。

子供の頃は、海水浴で浜辺の松の葉がちくちくしてちょっと嫌だなあ、なんて思っていました。
でも本当はものすごい役割を担っていたのですね。
私たちが住む美しい日本。それを守る最前線で文句も言わず波に洗われ潮風にさらされています。なんだかマツとイメージが重なって、防人の歌を思い出してしまいました。

立ちわかれいなばの山の峰に生ふる松とし聞かばいま帰り来む

作者:在原行平(古今集)
意味: 皆に分かれて因幡の国に行ったならば、その国の稲羽山の峰に生えている松という名のように、皆さんがわたしを待つと聞いたならば、すぐに帰って来ましょう。

岬の遠くに原発の煙突らしきものがかすんで見えました。
P1100482.jpg


打ち寄せる波はや海原の美しさは変わらないのに、以前のものとは違い世界に心配をかけてしまう海となってしました。
浜辺のハマエンドウやヒルガオは、震災の名残を微塵も見せず逞しく咲いています。

P1100489.jpg

P1100556.jpg


自然に対する人の手の入れようは、決して奢ってはいけない。こんなに頑張っている樹木たちに甘えすぎないよう気を引き締めたいと思うのでした。

P1100615.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。