スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/1 市川八幡神社 液材による土壌改良イベント

FTNの柳澤です。
6/1、市川八幡神社にて、液材による土壌改良を行う治療を行いました。


写真1


今回の土壌改良では、根が活発に活動している際に養液を土壌中に浸み込ませ、根が養分を吸収することにより、樹勢回復を図ることを目的としました!

昨年6月の土壌調査イベントにより、神社境内の広範囲に根が確認されたので、新しい根が多く伸長しているであろう箇所、ご神木の根元からできる限り遠い箇所を中心として、敷地内全体に液材を注入します。


使用した養液は漢方を中心とした成分が主体で、それぞれ成分の違う三種類の液材を、100倍に希釈して使用します。
今回は養液、各2300mlを、水230Lにて希釈。

写真10

種類によっては硫黄のような強力な香りを放つものもあります!
写真12


いざ!
写真5

使用した噴霧器は、もともと農薬を撒く器具を改良したもので、土壌に貫注し、土壌中で液材が四方に散布できます。

写真7(1)

皆さまにも体験して頂きました。

写真8

場所によっては礫や土壌が堅い箇所があり、なかなか苦戦でした。
写真9

暑い中、協力して下さいました皆さま、本当にありがとうございました!

写真11


ご神木はだいぶ新たな葉を展開してきました!
しかし、クスノキの健全な樹形にはまだ回復していません。

今回の液材は即効性なので、効果は早くて三か月後には現れると思われます。
経過観察を行い、またご報告させていただきます。

写真13

ありがとうござました。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。