スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樹木医と歩く多摩森林科学園 サクラ観察会報告


ちょっと季節外れになってしまいましたが、4月の終わりに行われましたサクラの観察会の報告です!
l_737e63553f70a255e867039fd64260f47a2b47b0.jpg


天気が悪く雨が心配でしたが、半日何とか持ちこたえました。
その天候のおかげで、他のお客様の出足が鈍く、逆にゆっくりたくさんのサクラを観察することができました。
この日もたくさんの方に集まっていただきました。ありがとうございます。

DSCF0304.jpg
多摩森林科学園は、サクラ園が名物で、図鑑に載っているサクラのほとんどがこの園のサクラとのこと。
なので、普段見れない珍しいサクラがたくさん!私も始めてみるサクラがたくさんありました。

ちょうどこの頃は、サクラの終盤戦。遅咲きのサクラであるサトザクラたちが季節のフィナーレを華々しく彩っていました。足元はスミレが愛らしい小花のじゅうたんを広げています。

DSCF0321.jpg


本来は早咲きのサクラですが、粘っていたのがカンヒザクラ。あまーい蜜がたくさん入っているから鳥たちにも大人気。参加者の方もちゅっと吸ってもらいます。美味しいですね☆

カンヒザクラ

DSCF0316.jpg


名前の付け方が何とも風情があるのもこの時期のサクラの特徴。
「御車返し ミクルマガエシ」だなんて! あまりの美しさに牛車を止めて振り返ってしまった。という意味だそうです。大きめの花弁ですが、一重なため清楚な感じもあり、私は今回一番のお気に入りになりました。

ミクルマガエシ

遅咲きのシダレザクラ ヤエベニシダレ
suzaku

美人の代名詞をそのままつけたヨウキヒ
ヨウキヒ

おめでたい言葉そのままのフクロクジュ
フクロクジュ

仁和寺生まれのオムロアリアケ
DSCF0356.jpg

ヤマブキやミツマタも綺麗に咲いています。
l_561eeefd4b397cf73cc7fdf9e29350265bf92ba8.jpg
ミツマタ


駒を繋がるイメージ?駒繋
スルガダイニオイ

珍しいさくらもたくさんあります。
スルガダイニオイは良い香りがするサクラです。
DSC_0278.jpg


御衣黄はなんと緑色の花弁。光合成もうするそうですよ!
御意黄


とにかくたくさんあって、種類を覚えるのはなかなか至難のわざ。
でも、何度も見ているうちに、系の特徴がわかってきますから、こういう園に時期を変えて通うといいですね。

l_8bda58445f0fb63c42ef884cc00403d00e71145e.jpg


今回の観察会の参加費は、東北のサクラ植樹支援プロジェクトにも役立てられます。

楽しく勉強になって環境の役にも自然に立てるプログラムをこれからも実施していきたいと思います。
l_721de5b82a1895d68335e0a6edfbda326ed1cdeb.jpg


皆様ありがとうございます☆


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。