スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六代御前の大ケヤキ公開診断イベント 報告

3月25日!快晴です!いつものことながらはれ女の威力はばっちりでした☆


NPO法人フォーエバーツリーネットワーク主催の公開診断イベントは、午前中は周辺の逗子の自然を観察学習、午後より六代御前の大ケヤキの腐朽診断を行いました。

この日も大勢の方のご参加ありがとうございます。遠くは、兵庫、三重からもお越しくださいまして、心よりお礼申し上げます。

地元で管理が難しいご神木を守るプロジェクトとして、ピカスを使った腐朽を調べる公開診断イベントです。
いろんな方に関心を持ってもらい一般の方、企業様などを募って保全をしていく取組です。
観光、地場産業の活性化、企業CSRなど、ご活用くださいませ。
このプロジェクトにご支援いただける法人様等を募集しております。
お問い合わせはinfo@forever-tree.org 岡山まで



さてさて、まずは周辺の山を散策する観察会は、春の景色がたくさん見つかったようです。(岡山は診断のため引率できずスイマセン!)

サクラ、ミモザ、遠くに富士山もくっきりと望めたようで、素晴らしい眺望ですね。
l_a6513a1f18d8161c19da37080f31593f82096e9b.jpg


さらに、巨樹の役割、地域の自然環境のシンボルや、大きな鳥や小動物の住処になったりする機能についても解説。
ケヤキは特に長命で全国に大木がありますが、人の信仰のシンボルとともに、自然環境にも寄与しているんですね。
最近は倒れるとか、大枝が、とか枯葉が、って声を聴くけど、長く生きてきた地元の守り神さまあっての暮らしですから、どうぞ大事にしてあげてください。
人より長く生きて皆さんを守ってくれていますから。

そんなケヤキの腐朽はどうなのか?樹木医でしたらある程度予想できますが、一般の方にはなかなか危機的状況はつかみにくいと思います。
そんな内部の見えない腐朽を視覚化してくれるのがピカス音波計測器☆

今回は幹周が大きく、樹木の形状を測るのに私の手では届きませんでしたので、光波測量を行いました。
この方法なら、もっと大きな樹木でも計測できますね!素晴らしい☆
P1120191.jpg

センサーは今回は10個使います。これも増設可能です。
web.jpg


web2.jpg


そして、計測の結果、は腐朽率56%!結構危険な状態です。
街路樹だったらもうダメです。となるでしょうが、保存樹は何とか手立てを考えていきます。

keyaki.jpg


本日は専門家もたくさん参加していたので、この結果を元に地元の方との検討会も行いました。
診断結果の画像と外観からは、大枝が裂ける可能性があることが予想されます。

l_18dbce49e3dc3b6b7b725ad7bf5e1c082ec87729.jpg


おススメの対策として
①支柱の設置(形状は要検討)
②腐朽がひどい1番、2番側にあった石垣の撤去(道路側の石垣も要補修)
③土壌改良材の埋設 土壌がかなり流防しているので要改善
④根の保護 木道を設置して踏まれないようにする。
⑤枯れ枝の除去 切ったところから腐朽が入らないように要殺菌

などがあります。
今後は以上の対策を地元の方と共同して進めていく予定です。

一体どういう状況なのか、外からではわかりませんが、こうして視覚化すれば、いろんな方の理解が得られると思います。

腐朽の位置や状態がわかれば細やかな対策も立てられます。

樹木医は魔法は使えないけど、科学的にそして、歴史や文化を守るとこも合せて樹木と人をつなげる役割があると思います。

これからも楽しみながら、学びながら、人と樹木が永遠につながりあう世界を目指して頑張ります!

o_abc75f9d099be13913f5e746e5e1a3e939a4e3d9.jpg



被災地支援九十九里浜植林事業へのご寄付もありがとうございました!

3610円いただきました!




ご支援ご協力どしどし受付中です!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。